メニュー

診療時間:9:30~12:00 14:30~17:30
※土曜 14:30~15:30(受付15:00まで)
【休診日】金曜午後、日、祝

健康情報

kenko

コロナ禍での花粉症対策

花粉症の季節がやってきました。
新型コロナの影響もあり、特に注意して対策をする必要があります。
今回は、コロナ禍での花粉症対策についてご紹介します。

花粉症と新型コロナの症状との比較

花粉症の代表的な症状としては、目のかゆみ、鼻水・鼻づまり、くしゃみ等が挙げられます。
新型コロナと花粉症の症状を比べてみましょう。

花粉症 コロナ
鼻水・鼻詰まり 〇サラサラ △粘度が高い
目のかゆみ ×
くしゃみ ×
倦怠感
発熱 × 〇37.5度以上の高熱
息切れ ×
味覚障害

花粉症とコロナ感染は併発することもあります。 鼻水や目のかゆみがあるから花粉症だろうと決めつけず、コロナ感染を疑う症状が出た場合は、早めに医療機関・保健所に連絡をしましょう。

コロナ禍での花粉症対策
早めに薬を服用する

電車やバスでくしゃみをすると、コロナ禍においては特に気まずい雰囲気になりますよね。早めに病院で薬を処方してもらい、症状をおさえましょう。

必ずマスクをする

くしゃみ1回で発生する飛沫量は、咳の10倍以上、距離は2mも飛びます。万が一コロナに感染していた場合、周囲の方の感染リスクが高まります。
もしマスクをしておらず、手で飛沫をおさえた場合は、 何かに触れる前にすぐに手指消毒・手洗いをおこなってください。

顔に触らないように注意する

鼻をかむために顔を触ったり、目がかゆくてこすったりすると手に付着したウイルスが体内に入るリスクが高まります。

こまめに手指の消毒を

気をつけていても無意識のうちに顔に触れてしまうこともあります。こまめに手指を消毒し、感染リスクを抑えましょう。

部屋の換気は朝夜に

感染症防止のためこまめに換気もしたいが、花粉が気になるという方は花粉の飛散が少ない、早朝と夜の換気がおすすめです。

花粉情報を入手する

その日の花粉情報をチェックしてマスクの着用や外出を控えるなどして、対策を講じましょう。

服装にも一工夫

外出時は髪に花粉が付着しないよう帽子を着用し、 すべすべした素材の服を選びましょう。

花粉を残さない

帰宅したら、衣服や髪を払って入室し、うがいやシャワーを励行しましょう。

こまめに掃除する

部屋に入ってしまった花粉はこまめな掃除で除去します。空気清浄機の使用も効果的です。

まとめ

自他共にコロナ感染を引き起こすことがないよう、例年より慎重に対策をおこないましょう!




提供:メディアコンテンツファクトリー